口コミで評判のライスフォースを使った洗顔方法

今回は口コミでも話題沸騰の、ライスフォースの洗顔ラインナップを使った洗顔方法を紹介します。

秋は洗顔を丁寧に

洗顔

夏の暑さから解放されて、秋はとっても過ごしやすい季節。でも気温の変化が大きいから体調を崩しがちです。そして肌の抵抗力も低下して鏡をみるたびに不安定な状態になっていると感じます。

だからこそ、この時期は小さな不調を見逃さないように肌の変化には気をつけてください。

毎日肌を気遣っているつもりでも、秋はゴワつきやカサつき、毛穴が気になりますね。夫から「肌荒れしてるよ」と言われるとドキっとします。肌荒れしているとメイクのノリも悪くなりますね。

そんな時はスキンケアのファーストステップである「落とす」を見直すようにしてください。肌が敏感な時は刺激を与えないクレンジングと洗顔で「優しく落とすこと」を心がけましょう。そしてその後はしっかり保湿します。そうすると肌が安定してメイクのノリもよくなりますね。

寒暖差や温度の急激な低下により、肌が敏感になっている時に刺激の強いクレンジングの使用やゴシゴシ洗顔は絶対にNGです。肌の乾燥が進行してバリア機能が低下してどんどん肌トラブルが進行します。そのため、いたわり洗顔が必要になります。

ライスフォースを使った洗顔の仕方

STEP1

肌の負担が少なく優しくメイクオフ
ライスフォースのクレンジングミルクは、肌保護成分「ライスパワーNo.2エキス」配合だから、メイク汚れを包み込んで素早くすっきり落ちしながら、潤いはしっかり残します。秘密は「ミツロウ」。肌表面に潤いベールをまとったようなしっとりとした洗い上がりを実現します。

STEP2

キメ細かい泡で毛穴の汚れまですっきりおとす
「マイルドフェイスウォッシュ」は肌への優しさにこだわった弱酸性アミノ酸系の洗顔料です。きめ細かい我が肌に密着して毛穴の奥に入り込み、よごれを掻き出します。

STEP3

秋の乾燥から肌を守るのはライスフォース デープモイスチュアローションによる入念な保湿ケアです。デリケートな状態になりがちな秋の肌は、正しい洗顔に加えて保湿ケアが大切です。洗顔後は肌表面がクリアになって、肌内部の潤いが蒸発しやすくなっている反面、保湿成分を受け入れやすい状態でもあります。洗顔後、すぐに入念な保湿ケアを行うことでバリア機能が強化され、トラブル知らずのしっとり美肌に近づきます。