正しいスキンケア方法でシミをきれいにする

シミの原因は様々

シミ

女性にとって、お顔のシミは老けて見えますから最大の悩みですよね。一口にシミと言っても、いろいろな種類があります。

お肌の老化現象によるもの、紫外線に当たることでできたもの、けがやニキビのあとにできたもの、そばかす、肝斑などです。

これらのシミは、美白化粧品を使うか、美容皮膚科を受診し、美白効果のある薬を使用したり、レーザーをあてたりすることできれいになります。

ただし、レーザーの場合はシミの大きさや範囲によりますが、結構な額のお金がかかります。

お金をかけずにシミを綺麗にする方法

お金をかけないでシミをきれいにする方法があります。お肌を刺激しないことです

「は?そんなのでシミが消えるはずないでしょ?」とお思いの方。実践してみてください。お肌はくすみが消え透明になり、シミがどんどん薄くなっていきます。

理屈はこうです。皮膚に刺激が加わると、その刺激からお肌を守ろうと色素細胞が働いてメラニン色素がつくられます。それがくすみやシミの原因になるのです。

いろいろな種類のシミがあるのはお話ししましたが、すべてのシミはあなたがお肌を刺激することで濃くなり、刺激をやめれば薄くなります。

ほとんどの人が間違ったスキンケアを実践している

間違ったスキンケア

あなたが普段しているスキンケアを思い浮かべてください。クレンジングや洗顔のとき、ゴシゴシしていませんか?化粧水を塗るときにお肌をコットンですったり、パチパチ叩いたりしていませんか?乳液やクリームをすり込でいませんか?

私は温泉やジム通いが好きなので、ほかの人のスキンケアを見る機会がよくあります。99.9%の人がお肌によくない刺激を与えるスキンケアをしています。1000人のうち999人はスキンケアをすることで、シミをつくり濃くしているのです。

私の知人は美容皮膚科医ですので、患者さんにレーザーでシミをキレイにする治療をしていますが、いちばん力を入れているのは、患者さんに正しいスキンケア方法を教えることだそうです。

どんなに高い治療費をかけても、お肌を刺激しない正しいスキンケア法を身につけていただかないと、患者さんのシミはすぐに再発するとのこと。

またレーザーなどの治療をしないで、スキンケアを指導するだけで済む患者さんもたくさんいるそうです。なぜなら、その患者さんにとって、お肌を刺激しないことが唯一のシミの治療になるからです。

あなたは今まで何十年もお肌を刺激するスキンケアを無意識にやっていたのではないでしょうか?まずは無意識を意識化することが大切です。

シミや美白対策におすすめの化粧品

シミを薄くするためには、美白化粧品選びも重要です。知人の美容皮膚科医が進めていたのは「ビーグレン」と「アンプルール」という化粧品です。

ビーグレンは化粧品が持つ浸透力を最大限にまで高めた製品です。栄養分が肌に深く行き渡ることで、これまでにない美白を実現します。

一方のアンプルールは、美白効果の高いハイドロキノンを改良した、安定型ハイドロキノンを採用した最新のドクターズコスメです。「ドクターズコスメ」というのは美容皮膚科が監修したコスメのことで、通常の化粧品よりも高い信頼性が得られるいいます。

ビーグレンとアンプルールについて詳しく知りたい

アンプルール

ビーグレンとアンプルールについては、「アンプルールマニア」というサイトが詳しいです。
その中の記事「ビーグレンとアンプルールを徹底比較してみました」をお読みください。

いずれも、シミや黄ぐすみといった紫外線が元になる加齢肌で悩む方に向いています。

化粧品を使う上での注意事項

アンプルールやビーグレンを使う際には、先ほども書きましたがお肌をこすらないでください。両手でお肌を包み込むようにふんわりとつけましょう。美容液もハンドプレスでゆっくり肌に当てるだけでいいのです。

いつもお肌を触るか触らないかくらいで手入れすることが重要です。お肌を刺激しないスキンケアを身につけ、お金をかけないでシミをきれいにしましょう。